過去のブログ

2006年9月 6日 水曜日

盗聴器の調査方法

盗聴器撲滅ブログ

最近では調査方法についてのお問い合わせが多くなってきました。
お客様の中でよく勘違いをされるのは、アンテナを受信機に付けて部屋を周るだけだと思っている方が多いようですが、それは間違いです。

これはTVの影響からこういった誤解が多いのだと思います。
よくTVではそういったシーンが見られると思いますが、TVで行っている調査は車内から盗聴器の電波を探すところから始まります。現在では盗聴器の使用可能な周波数は数万チャンネルもあり、全てを車内で調査することは不可能なのです。ですから、主に使用される数チャンネル(4~5チャンネル)だけをメモリースキャンをして探しております。
つまり、車内の中で既に盗聴器の周波数が分かっているのでハンディ機だけでも探せるのです。

実際に調査を依頼された方の場合、どんな周波数のものがあるのかは分かりませんから、使用可能な周波数を全て調査する必要があるので広域受信機やスペクトラム・アナライザーなどを使用して周波数を探す作業から入ります。その分、お時間もかかります。
この勘違いというのは、実はお客様だけではなく探偵や興信所を含む盗聴器発見業者でも起きている事なのです。


盗聴器の発見調査や盗撮機器の発見調査はお任せください。




投稿者 株式会社ティー・アール・エス

お問い合わせ

盗聴・盗撮でお悩みの方は
御相談ください。

携帯サイトはこちらです。会員登録(無料)をして頂くと盗聴・盗撮に関する最新情報がメルマガで配信されます。

スマートフォンサイトはこちらです。会員登録(無料)をして頂くと盗聴・盗撮に関する最新情報がメルマガで配信されます。

TRS盗聴リサーチソリューション

東京都港区芝4-7-6 芝ビルディング9F
TEL/ 03-3454-3681
FAX/03-3454-3682

お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ

クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:260827159