社長ブログ

2015年8月 1日 土曜日

アメリカの盗聴問題について!

盗聴器撲滅ブログ

先日、アメリカが日本の政府機関や大手企業の盗聴問題が話題になりました。
こういった話は今に始まったことではなく、昔からある話で単純に表に出てきただけに過ぎません。

盗聴の仕方もエシュロンからテンペストまで様々です。
一般企業に関しては普通に盗聴器を仕掛けられるケースも珍しくありません。
こういった事例は海外でも当たり前の様に行われていますので、殆どの国や企業では盗聴に関しての対策を実施しているのが現状です。
昔から比べますと日本の政府機関や企業も盗聴対策を行っていますが、まだまだ全ての政府機関や企業が対策を行っているわけではありません。

情報が盗まれてからでは多くの損害が予想されます。
定期的に盗聴に関する対策をお勧め致します。

盗聴器の発見調査や盗撮機器の発見調査はお任せください。

投稿者 株式会社ティー・アール・エス

お問い合わせ

盗聴・盗撮でお悩みの方は
御相談ください。

携帯サイトはこちらです。会員登録(無料)をして頂くと盗聴・盗撮に関する最新情報がメルマガで配信されます。

スマートフォンサイトはこちらです。会員登録(無料)をして頂くと盗聴・盗撮に関する最新情報がメルマガで配信されます。

TRS盗聴リサーチソリューション

東京都港区芝4-7-6 芝ビルディング9F
TEL/ 03-3454-3681
FAX/03-3454-3682

お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ

クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:260827159