HOME > 盗聴事情

盗聴事情

盗聴事情のイメージ

現在盗聴産業は、10億円産業といわれ「盗聴器」は年間約40万個以上販売されているといわれています。最近、某大手銀行の顧客データが流出し売買されたり、有名政治家のスキャンダルが強請などの犯罪に使われたりといった、盗聴器が関係している事件が大変増えています。

海外の先進国では、産業スパイが日常的に行われています。その国の企業がどんどん日本に入ってくるわけです。情報産業の発展により「情報の価値」だけが向上し「情報を守る」ということに対しての環境は、まだ整っておりません。

サービス業などで顧客のプライバシーなどが流出してしまうと大切に積み重ねてきた信頼は崩れてきてしまいます。
一度崩れた信頼を取り戻すのは大変なことです。ですがいくらこちらが被害者だと訴えても社会的には認めてもらえないものです。

これは取り付けた方が悪いのではなく取り付けられた方が悪いという結果になってしまいます。

一般家庭においても盗聴器に関する事件が多発しています。しかも、そのほとんどが知られていません。

年間約40万個以上の盗聴器が販売されているのに対し発見率が少ない気がします。もちろん、盗聴をするのですから簡単に相手に気付かれてしまっては意味がありません。

ですから情報漏洩に対して真剣に取り組む時代にきているということをご理解頂きたいと思います。

お問い合わせ

盗聴・盗撮でお悩みの方は
御相談ください。

携帯サイトはこちらです。会員登録(無料)をして頂くと盗聴・盗撮に関する最新情報がメルマガで配信されます。

スマートフォンサイトはこちらです。会員登録(無料)をして頂くと盗聴・盗撮に関する最新情報がメルマガで配信されます。

TRS盗聴リサーチソリューション

東京都港区芝4-7-6 芝ビルディング9F
TEL/ 03-3454-3681
FAX/03-3454-3682

お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ

クリックすると、このホームページ運営企業がTDB企業サーチで表示されます。
TDB企業コード:260827159